例の場所BLOG

ゲーム系BLOGです。

タブレット関連

ASUSから新型MeMo Pad 7が発売開始

ASUSの人気シリーズ 7型タブレット MeMo PAD 7が本日より発売開始となりました。

_SL1500_

とりあえず簡単ですが新旧のスペック比較表です。
型番 Memo Pad HD7(ME173) Memo Pad 7 (ME176)
OS Android 4.2 Andoroid 4.4
CPU  Mediatek MTK8125 intel Atom Z3745
コア数 4 4
CPUクロック 1.2GHz 1.33GHz(最大1.86GHz)
メモリ DDR3LM 1GB LPDDR3 1GB
ストレージ eMMC 16GB eMMC 16GB
グラフィックス SGX544MP intel HD グラフィックス
液晶 1280x800 (IPS液晶) 1280x800 (IPS液晶)
無線 802.11b/g/n 802.11b/g/n
bluetooth 4.0 4.0
内蔵センサー GPS/加速度センサ/磁気センサ GPS/加速度センサ/磁気センサ/電子コンパス
カメラ 前面 120万画素/背面500万画素 前面 200万画素/背面500万画素
SDスロット SDカードスロット(最大32GB) SDXCカードスロット(最大128GB?)
バッテリ駆動時間 10時間 9時間
サイズ 196.8x120.6x10.8mm 189.3x113.7x9.6mm
重量 302g 295g

簡単に比較するとCPUがARM系の4コア CPUからintel Atom 4コア(BayTrail-T)に変更されています。
これで旧タイプと比較して処理速度が約2倍以上にスペックアップを果たしています。
更にSDカードスロットがSDXC/SDHC対応になり現時点で最大64GB(公式発表、現時点では128GBまで動作確認、理論値では2TB)までのSDXCカードに対応、これは微妙に嬉しい変更です。
本体の大きさも僅かに小さくなり、重量も7g軽量化されていますがその反面バッテリ駆動時間が1時間減っています。

旧モデルと比較すると充当なスペックアップ製品で、更に旧モデルより価格が安いので今から買うなら確実に新型を購入したほうがいいと思います。

なお、プラットフォームがARMからintel(x86)に変更されたため、旧モデルで無理やり動いていた艦これは動かすことが出来ません。理由はAndroid x86版Adobe Flashが公式には入手できないしインストールも出来ない(正式にはインストールしても動かない)からです。
まあ、旧モデルで動いたと言っても物凄いカクカク動作だったのであまり動いたというほどではありませんでしたが・・・




 

AcerがChrome OS採用のタブレット販売を検討?

AcerがChrome OS搭載のタブレットを市場に投入しようとしているとの噂があります。

Chrome OS採用製品は今まで基本的にPCタイプ(ノートタイプ)の物だけでしたが、
タブレットに

Androidタブレットが全盛期の中で、あえてChrome OSを採用したタブレットにどのような需要があるのか
Chrome OSにできてAndroidにできない事が一つだけあります。

それは、Chrome OSでは、Adobe Flashが動作するのです。

現在のところ艦これを動かせるタブレット端末は、Windows8.1搭載タブレットしかありません。
AndoridでもARMベースのCPUでは、無理やりインストールすれば動作できますが動作がとても重く
非常にストレスが溜まります。また、intel CPUベースのAndroidタブレットはAdobe FLASHを動かすことが出来ません。

ここでChrome OS採用のタブレットが低価格で登場すれば、日本市場で非常にシェアが高いWindows 8.1タブレットの牙城を崩す可能性があります。

Chrome OSのメリットはOSが無料で尚且つ低スペックでストレージも少ない容量で動作するため非常に低価格で提供できることがメリットです。
場合によっては1万後半から2万前半で購入出来る可能性があります。


現在、独占状態にあるWindows 8.1タブレットを切り崩す存在になるのか要注目です。

艦これ人気により日本市場だけWindowsタブレットが売れているらしい

「艦これ」が火付け役!タブレット市場に異変

東洋経済オンラインより
http://toyokeizai.net/articles/-/32391


世界でWindowsタブレットのシェアが伸びない中、なぜか日本市場だけWindowsタブレットのシェアが
伸びているらしい。

確かに、持ち運びが手軽な8型Windows 8タブレットが発売された時に各量販店等で軒並み
売り切れになるほど人気が出たのはつい最近のこと

その主たる理由がなんと艦これ人気によるものだったとはある意味驚き
現在も艦これ人気は衰えずユーザー数の増加はまだまだ留まることがない
現時点での会員数は既に180万を超えています。
しかし、記事に取り上げられるほど日本だけ相当に売れていたとは・・・

Windowsタブレットが選ばれるもうひとつの要因は、AdobeがAndroid向けFlashの開発を辞めてしまったこと。
更にAndroid端末では、Chrome以外のブラウザしかAdobe Flashがインストールできなくて
買ったままでは艦これが動かないと言う事がひとつの原因でもある。
まあ、自分でインストールすれば動かせないことはないですが、Android端末はCPUとGPUの性能が
足りなくてFlashの動作がカクカクになってしまうので快適に動かすには選択肢がWindowsタブレットしか
無いというのが現状である。

今後CPUの性能が高いintelのAtom Z3700(BayTrail版)Androidが登場予定ですが、
Android x86端末用のAdobe Flashは用意されていないので結局これも艦これを動かすことが出来ない。

もし、intelが本気でAndroidタブレット市場を取りに行きたいなら
Android x86版のAdobe FlashをAdobe開発してもらうか、ARM版Flashをx86端末で動かせるように
したら、Android x86端末が日本市場で伸びるんではないだろうかと思ってみたりして

まあ、でもintelとしてはどちらのOSが売れようがCPUさえ売れればあんまり関係ないんですがね・・・

ICONIA W4で艦これプレイ時にフリーズするのはIEの問題?(記事更新)

以前にICONIA W4で艦これをプレイ中に突然フリーズを起こす問題を掲載しましたが
どうもモダンUI版IE11の問題のような気がしてきました。

IE使うとどうも調子が悪いのでChromeをモダンモードに変更してずっと動作させているのですが
Chromeを使用している上でフリーズなどの症状がほぼ起きない。
一度フリーズしたことがありましたが、艦これのタブだけ閉じれば問題なく動作可能だったので
この点はChrome各タブで動作しているので、システムを巻き込む事は無いようでこの点で優れています。

IE11モダンバージョンは、どうもIEを動かしているカーネルが複数のタブを制御しているようで
ひとつのタブに深刻な問題が起きた場合、システムカーネル毎巻き込んでフリーズさせてしまうようです。
デスクトップ版では、IEがフリーズしてもIEだけ閉じればいいのですがモダンバージョンでは復帰不可能に
なるようです。

※追記
Chromeでもフリーズに近い状態(システムはクラッシュしていない)を確認しました。
しかしChromeと艦これ自体は止まっていないようで画面描画のみ停止して更新されない模様、
モダンUIの問題なのかグラフィックスドライバの問題なのかは現時点では不明ですが
デスクトップ版のブラウザを使用すると問題なしなので、モダンUI側の問題かもしれない



あと上記以外の異なる点として、艦これを使うとIE11のほうが消費電力が低いと書きましたが
Chromeと動作を比較してみるとどうやらIE11はAdobe Flashのフレームレートを落としている
のではないかと予想します。

つまり
Coogle ChromeはAdobe Flashが使われた場合、CPU負荷等を考慮せず、PCが出せるフルの
フレームレートでFLASHを動作させているようです。 
艦これが滑らかに動作する反面バッテリの使用率がかなり高くなります。

その反面、IE11はフレームレートを15〜30FPS程度に抑えCPUの負荷を抑えてバッテリの消耗を抑えているのではないかと予想します。
なので、IE11では描画範囲が拡大されるとフレームレートの低下が顕著で拡大表示すると動作がカクカクになるようです。 
 
自宅で使うならChromeで使用して、外で使う時はIEの方がいいという矛盾した使い方になりそうです。 

乗り換えるならWindows7とWindows8どっち?

そろそろWindows XPのサポート終了に備えて乗り換えるべきOSは
何がいいかそんな方たちの目安に慣ればと思い各OSの簡単な利点を記載します。

Windows 7
優れた点
・操作性などはデスクトップOSのためXPからの移行は比較的楽である。(少々戸惑うがすぐに慣れやすい)
・発売されて時期があるため、製品の対応ドライバ等が多い
・対応デバイスもかなりの数があり対応ドライバも相当な数が対応している。
・対応ソフトも相当な数がある
・Virtual PCによるWindows XPモードが用意されていて使える(但し、Professionalのみ)
・サイドバーガジェットが使える(ただし、現在は配布停止中)
・市販のDVDが再生ソフトなしに再生できる(Windows Media PlayerがDVD再生可能)
・WIndows Media Centerが標準で搭載されている(Media Center対応TVチューナー等を使用可能)

悪い点
・メモリ使用量が多い
・Windows 8より起動時間が遅い

XPからの乗り換えの利点
・Intel CPUでハイパースレディングに対応している場合OSが標準でHTをサポートしているので
XPより効率よくCPUの処理ができる。
・ファイルコピーが早い
・64bitであれば、4GB以上のメモリを使える。
・XP対応ONLYのソフトでもソフトウェアが32bitに対応しているなら64bitでも使用できる。


Windows 8 and 8.1
優れた点
・起動時間とスタンバイからの復帰が早い
・メモリ使用量が少なく起動プロセスも少ない、OSの動作が軽い
・最新OSのためセキュリティがしっかりしている
・ファイルコピーなどの操作がわかりやくなり、途中停止もできる。


悪い点
・新しく追加されたモダンUIの使い方が非常に面倒
・従来のスタートメニューが使いたい場合には、Classic Shell等の独自ソフトの導入が必須
・新しいOSである為、古いデバイスはメーカーがドライバを用意しなくて使えない場合がある(周辺機器メーカー次第)
・DVDを視聴したい場合、別途再生ソフトが必要
・Windows Media Centerが有料かつ、標準ではMedia Center対応TVチューナー等が使えない。
・Windows7に対応していてもWIndows8では動かないソフトがある。

と幾つかの利点や悪い点を比較してみると、Windows7の方がXPより乗り換えるには最適です。
従来のデバイス、ソフトウェア、周辺機器等を引き継ぐ必要がない場合には、Windows8.1にClassic Shellを
導入してデスクトップOSライクに利用するのもいいでしょう。

個人的にはXPからの使い勝手をそのまま継承したい方は断然Windows 7がオススメです。
 

ICONIA W4が謎のフリーズをたまにおこす

艦これをやってて、放置したままにしてるとたまーにフリーズする

イベントビュアーみてもフリーズする要因になるようなのがなさそうで 
システムごと巻き込んで落ちてるって事は、OS絡みではなさそう
グラフィックドライバか熱暴走くさいなあ

最新ドライバは公開されてないのでもうちょっと様子見かねえ

Acer IconiaW4で艦これやる時にスタイラスペンがいい感じ

Windowsのタッチパネルは操作性が悪いので、艦これで補給のボタンを押す時など指で押しにくい
そんな時にスタイラスペンがあれば結構やりやすいのがわかった

Amazonの一番安いスタイラスペンでも全然違うので指で操作しにくい方はお試しあれ。





 

acer Iconia W4-820を艦これ用に買って届いたのでレビューしてみる

艦これ用にと買ったAcer Iconia W4-820が届いたのでレビューするよ!!
IMG_04372

中身
IMG_04382
ICONIA W4本体、USB-ACアダプタ、Micro USB-USB(Bタイプメス)変換ケーブル、
充電用Micro USB-USB(B) ケーブルx1

IMG_04412
MeMo PAD HD7とサイズ比較。
一回り以上大きいですね

例のごとく本体レイアウト図
ICONIA-W4

本体重量
手で持った感じでは純正カバー付きのMeMo Pad HD7と同じくらいの重さ。
縦持ちの場合片手で持つのはそんなに辛くはないですが艦これだと横持ちになるので
少し重く感じるかもしれません。

スピーカー
少し軽めの音で音量は結構大きいです。まあタブレットなので音質にはあまり期待してません。

スタンバイからの復帰
電源ボタンを押すと即復帰してきます。これはAndroidタブレットに匹敵するくらいの早さでとてもいいです。

本体の発熱
CPUを高負荷で回してると本体背面の中央辺りがほんのり温かくなってきます。
但し、熱いというほど熱を持つわけではなく触れても全然問題ありません。

タッチパネルの操作性
モダンUI側はタッチパネル操作で全然問題ありませんが、デスクトップは相変わらず押しにくいです。
応答性能は悪く無いですがCPU負荷が高いとタッチパネルの応答が遅くなるようです。
艦これをやってる時は特に問題はなかったです。(スタート画面を除けば)

液晶の画質
艦これを表示した所(液晶の表示特性)
IMG_04432
液晶自体は発色もよく非常にきれいな感じで画面表示されます。
視野角も広く斜めに傾けて使用しても問題ありません。

本体の問題点1
画面の対指紋コーティングが弱いようで指紋汚れが画面に着きやすい
クリーニングクロスは必須です。(本体には付属してません)

本体の問題点2
付属のUSB ACアダプタが曲者で5.35V=2Aという出力になっています。
つまり通常のUSB充電アダプタ(5Vタイプ)では、充電できないようです。
試しにOWLTECHのUSB2.1A出力できるアダプタに繋いでみましたが充電のステータスになりませんでした。
充電する際には付属のUSB-ACアダプタが必須になります。

本体の問題点3
液晶ディスプレイの自動輝度調整がフロントカメラの明るさで調整しているようで、タブレットを横にして左手で持つと画面の明るさが変わって非常に鬱陶しいです。
以下にて設定変更可能です。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→
ディスプレイ→自動輝度調整を有効にするを選ぶと電源使用時とバッテリ使用時で自動輝度調整をオフに出来ます。


艦これをプレイするの問題点

問題点その1
タイトル画面が表示されたらしばらく停止する。(Flash Playerがパフォーマンスをチェックして警告を出すせい)
例のムービー中のスクリプトが原因でAdobe Frash Playerの実行速度が遅くなっています。
この警告が起動時に毎回出ます。
IEだろうが火狐だろうがChromeだろうが全てのブラウザで出ます。
これはAdobeが原因なのでFLASH PLAYERでなんとか対応して欲しい。
いちいち性能チェックセずにパフォーマンス警告を出ないようにしてくれればいいだけなんだけどね。

但し、Windows 8.1はConnected Standbyモードに対応しているので、電源スイッチを押してスタンバイモードに切り替えてもどうやらこっそり通信している模様。
スタンバイから復帰しても艦これは繋がったままの状態になっているのでメンテ後とか外出して通信が切れた時以外はそれほど困らないでしょう。

問題点2
入渠と近代化改装の実行に時間がかかる。
近代化改装はムービーを読むので時間がかかるのは解るんですが、なんで入渠開くのに
時間かかるんだろうね?

問題点3
ダブルクリックでズームが出来るのでFLASH画面を拡大してやるととても見やすくなるが
何故かCPU使用率も高くなるので、外で使う時は諸刃の剣

問題点4
艦これでGoogle ChromeやFirefoxを使用するとバッテリが著しく消耗する。
Google Chromeを使うとCPU使用率が非常に高くバッテリの消費が激しくなります。
CPU使用率平均45%前後、CPUクロックは1.1GHzで推移
IE11を使うとCPU使用率33%、CPUクロック0.89GHz前後で推移
戦闘画面ではさすがにCPU負荷率は高いですがIEは省電力だと謳っていたのが
こんなところで実力を発揮するとは・・・
他のブラウザも何とか対応して欲しいところです。

※追記
艦これがアップデートされて、艦これが軽くなりCPU負荷が若干減りました。
以前よりバッテリ消耗量は減っていると思います。



Windows 8.1の問題点
IEを規定のブラウザに設定しておかないとスタート画面でIE11を使うことが出来ない。
(常時デスクトップモードで起動してしまう)

個人的には寝転がりながら艦これがやれるようになったので満足です。(´∀`)









 

艦これのためにBay Trail-T搭載Windows8.1タブレットを検討してみる(記事更新)

持ち運んで艦これをやりたいので、今後登場予定の8 / 10インチサイズ windows 8.1搭載タブレットを
比較してどれを買おうか検討してみようと思います。

以下は、各メーカーの比較表です。
メーカー Acer Lenovo DELL
製品名 ICONIA W4-820
Idea Tab Miix2 8
Venue8 Pro
CPU Atom Z3740
1.33GHz
(TB1.8GHz) 
Atom Z3740   
1.33GHz
(TB1.8GHz)
Atom Z3740
1.33GHz
(TB1.8GHz)  
CPUコア数 4 4 4
メモリ 2GB LPDDR3 2GB 2GB DDR3L-RS
内臓ストレージ eMMC 64GB SSD eMMC 32GB/64GB
SSD
eMMC 64GB SSD
外部ストレージ MicroSDスロット MicroSDスロット MicroSDスロット
画面サイズ 8インチ 8インチ 8インチ
画面解像度 1280x800 1280x800 1280x800
液晶タイプ IPS液晶 IPS液晶 IPS液晶
タッチパネル 5点タッチ 10点タッチ 10点タッチ
前面カメラ 200万画素 200万画素 120万画素
背面カメラ 500万画素 500万画素 500万画素
無線機能 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n 802.11 a/b/g/n
Bluetooth BT4.0 BT4.0 BT4.0
HDMI端子 MicroHDMI x1 無し 無し
USB端子 Micro USBx1
(充電でも利用)
Micro USBx1
(充電でも利用)
Micro USBx1
(充電でも利用)
その他端子 ヘッドホン端子 ヘッドホン端子 ヘッドホン端子
MicroSIMスロット
(別途有料オプション)
バッテリ
駆動時間
10時間 10時間 8時間
本体サイズ 219x139.4x10.75
(幅✕奥行き✕高さ)
215.6x131.6x8.35
(幅✕奥行き✕高さ)
216x130x9
(幅✕奥行き✕高さ)
重量 415g 350g 395g
OS Windows 8.1
(32bit)
Windows 8.1
(32bit)
Windows 8.1
(32bit)
バンドルソフト Office2013 Personal
/ Home and Business
Office2013 Personal
/ Home and Business
Office2013 Personal
/ Home and Business
キーボード 別売り 別売り 別売り

各メーカの特徴をまとめると
各社ともスペックはほぼ変わらず
Acer 廉価モデル 38500円(SSD 64GB)、Office H&B版は44800円(SSD 64GBで変わらず)
DELL 廉価モデル 39980円(SSD 64GB)、Office H&B版は41980円(SSD 64GBで変わらず)
Lenovo 廉価モデル 42800円(SSD 32GB)、Ofiice H&B版は47800円(SSD 64GB)

Acerの特徴 MicroHDMIの外部出力端子がある、しかし重量は一番重い
Lenovoの特徴 重量が一番軽い、しかし他社に比べると廉価モデルがSSD32GBで価格も割高
DELLの特徴 Office Home&Business搭載モデルが一番安い、オプションでSIMスロット付きモデルが選べる

個人的にはmicroHDMIがついているAcerにしようかとちょっと考えています。
艦これ以外でOffice使いたいときに外部出力端子があると便利ですよねえ
Lenovoの廉価版はSSDが32GBしかないですし値段も割高なので選択から除外

今後アップデートがあれば追記したいと思います。

※11/8 Acerのスペックが公開されたので追記しました。
※11/14 DELLからVenus Pro8が発表されたのでスペックを追記しました。
※11/26 LenovoよりMiix2 8が発表されたのでスペックを追記しました。

12月中旬発売予定
製品情報ページ
Acer W4-820/FH
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model-datasheet/NT.L31SJ.001
Acer W4-820/FP
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NT.L31SJ.002 

AKIBA PC HOTLINE
ASUSのWindows8.1タブレットが早くも値下がり 艦これ様に人気
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20131108_622810.html 
実売 42000円前後
 







Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Personal モデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office Personal 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Proブラック
_SL500_AA300_
 

Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Personalモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office Personal 2013/Windows8.1 32Bit)
enue 8 Proレッド
_SL500_AA300_
 

Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Home&Businessモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office H&B 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Proブラック
_SL500_AA300_




Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Home&Businessモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office H&B 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Pro レッド
_SL500_AA300_ 
 

DELLのVenus Pro8(Windows8.1タブレット)にOfficeバンドルが決定

PC WATCHからの記事です。

デル、「Venue 8 Pro」の39,980円モデルにもOfficeを提供
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131121_624592.html?ref=rss 

従来のDELL Venue Pro8 廉価版はOfficeバンドルに追加2千円の料金がかかっていましたが
今回の発表により39800円(従来は41800円)で発売することになりました。
これはAcerやLenovoというWindows8.1タブレットをリリース予定しているライバルに
先駆けて低価格にすることにより国内シェア拡大を狙っていますね。 

更にAmazonで予約を行った人は更に3000円引きが行われるようです。
ということはOffice Personalモデルだと実質36800円、Office Home and Businessモデルは
38800円で購入できるということですね。
これはかなりお買い得だと思います。

※規定台数に達したようなので3000円割引予約キャンペーンは終了したようです。


製品はパワーポイントがないOffice PersonalモデルとパワーポイントとOne note付きのOffice Home&Businessモデルの2種類がありますのでご注意ください。

私も艦これのためにどれか予約しようかと考えてます。(゚∀゚)
パワーポイント有りのがいいのでHome Businessモデルかなあ


Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Personal モデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office Personal 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Proブラック
_SL500_AA300_


Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Personalモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office Personal 2013/Windows8.1 32Bit)
enue 8 Proレッド
_SL500_AA300_


Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Home&Businessモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office H&B 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Proブラック
_SL500_AA300_




Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office Home&Businessモデル
(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office H&B 2013/Windows8.1 32Bit)
Venue 8 Pro レッド
_SL500_AA300_ 
過去記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

BLOG主 プロフィール

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ