例の場所BLOG

とりあえず日々の戯言やIT関係のいろんな事を書きます

レビュー

【PC】 Windows 10 Technical Preview(テクニカルプレビュー)を触ってみた

Windows 10 テクニカルプレビューがダウンロード可能になったのでダウンロードして
Hyper-Vの下にインストールしてみました。

現時点では、日本語版は提供されず英語、中国語、ポルトガル語しか用意されていないようです。

新しくなったスタートメニュー
windows10_01
スタートメニューに、Windows8で追加されたモダンアプリメニューが追加され、Windows8のように
アプリ間でUIを移動するといった面倒な手間がなくなりました。
なお、旧スタートメニューアプリはAll Apps配下にインストールされます。
もちろんライブタイルの場所によく使用するアプリを登録してそちらから呼び出すことも可能です


現時点でインストールされているInternet Explorerはバージョン11
windows10_02


現時点でインストールされているDirectXは11
windows10_03
まあ、仕様が最終確定していないので当然でしょうが・・・


Windows Media Playerも12のままです。
Media PlayerはDXVA対応した後は、殆ど更新されていません。
もうバージョンアップしないかもしれないですねえ
windows10_06


64bit版をインストールしてみましたがデフォルトでの使用メモリは約1.3GB
以前に比べると使用メモリが格段に減っています。
windows10_04


タスクマネージャーで起動プロセスを確認した所
windows10_05
デスクトップウィンドウマネージャーは健在のようで、以前の情報ではタブレット版では
デスクトップ描画が使えなくなると一部で言われていましたが、タブレットでもデスクトップアプリは
使えるようなので画面描画に関してはWindows 7から変わらずDWM.exeで管理されるようです。


タスクバーにあるTask viewを押すと現在起動しているアプリが見れます。
windows10_07
下に表示されているAdd a desktop(デスクトップの追加)ボタンを押すと仮想スクリーンが追加され
 起動しているアプリの上で右クリックするとアプリを別のデスクトップへと移動することが出来ます。
これは結構便利です。

と、この仮想デスクトップでバグらしきものを見つけてしまった・・・

別の仮想デスクトップ上でアプリを開いたまま、仮想スクリーンを閉じてしまうとアプリが元に戻せなくなります。
一旦、アプリを終了して仮想デスクトップを追加→アプリを移動してもとに戻すという非常に使い勝手の悪い
方法を使用しないと戻らないようです。
他の仮想スクリーンアプリでは、仮想スクリーンを閉じるとメインデスクトップにアプリが復帰するので
ここは改善して欲しいところですね。


・その他の問題点として気になっている点
コントロールパネルとPC設定が相も変わらず混在している。
これはWindows 8でUIを分けた弊害でしかないのですが、どちらかに機能を統一して欲しい所
スタートメニューにPC設定が追加されていますがコントロールパネルからも呼び出せるように改良してほしいところ
windows10_08
やっつけだけどコンパネからもPC設定呼び出せるようにしてくれれば管理者とかも解りやすいと思うんだけど


ここまで触ってみたところ、システムの作り自体はWindows 8を元に細かな改良を加えて使い勝手を向上したと言ったほうがいいでしょうか

基本UIはデスクトップ前提なのでWindows 7ユーザーが移行してきてもそれほど気にならない程度に
使えるのではないでしょうか。

また触っていて気になった点があれば追記します。 


※Media Centerは廃止かなあ 

acer Iconia W4-820を艦これ用に買って届いたのでレビューしてみる

艦これ用にと買ったAcer Iconia W4-820が届いたのでレビューするよ!!
IMG_04372

中身
IMG_04382
ICONIA W4本体、USB-ACアダプタ、Micro USB-USB(Bタイプメス)変換ケーブル、
充電用Micro USB-USB(B) ケーブルx1

IMG_04412
MeMo PAD HD7とサイズ比較。
一回り以上大きいですね

例のごとく本体レイアウト図
ICONIA-W4

本体重量
手で持った感じでは純正カバー付きのMeMo Pad HD7と同じくらいの重さ。
縦持ちの場合片手で持つのはそんなに辛くはないですが艦これだと横持ちになるので
少し重く感じるかもしれません。

スピーカー
少し軽めの音で音量は結構大きいです。まあタブレットなので音質にはあまり期待してません。

スタンバイからの復帰
電源ボタンを押すと即復帰してきます。これはAndroidタブレットに匹敵するくらいの早さでとてもいいです。

本体の発熱
CPUを高負荷で回してると本体背面の中央辺りがほんのり温かくなってきます。
但し、熱いというほど熱を持つわけではなく触れても全然問題ありません。

タッチパネルの操作性
モダンUI側はタッチパネル操作で全然問題ありませんが、デスクトップは相変わらず押しにくいです。
応答性能は悪く無いですがCPU負荷が高いとタッチパネルの応答が遅くなるようです。
艦これをやってる時は特に問題はなかったです。(スタート画面を除けば)

液晶の画質
艦これを表示した所(液晶の表示特性)
IMG_04432
液晶自体は発色もよく非常にきれいな感じで画面表示されます。
視野角も広く斜めに傾けて使用しても問題ありません。

本体の問題点1
画面の対指紋コーティングが弱いようで指紋汚れが画面に着きやすい
クリーニングクロスは必須です。(本体には付属してません)

本体の問題点2
付属のUSB ACアダプタが曲者で5.35V=2Aという出力になっています。
つまり通常のUSB充電アダプタ(5Vタイプ)では、充電できないようです。
試しにOWLTECHのUSB2.1A出力できるアダプタに繋いでみましたが充電のステータスになりませんでした。
充電する際には付属のUSB-ACアダプタが必須になります。

本体の問題点3
液晶ディスプレイの自動輝度調整がフロントカメラの明るさで調整しているようで、タブレットを横にして左手で持つと画面の明るさが変わって非常に鬱陶しいです。
以下にて設定変更可能です。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→
ディスプレイ→自動輝度調整を有効にするを選ぶと電源使用時とバッテリ使用時で自動輝度調整をオフに出来ます。


艦これをプレイするの問題点

問題点その1
タイトル画面が表示されたらしばらく停止する。(Flash Playerがパフォーマンスをチェックして警告を出すせい)
例のムービー中のスクリプトが原因でAdobe Frash Playerの実行速度が遅くなっています。
この警告が起動時に毎回出ます。
IEだろうが火狐だろうがChromeだろうが全てのブラウザで出ます。
これはAdobeが原因なのでFLASH PLAYERでなんとか対応して欲しい。
いちいち性能チェックセずにパフォーマンス警告を出ないようにしてくれればいいだけなんだけどね。

但し、Windows 8.1はConnected Standbyモードに対応しているので、電源スイッチを押してスタンバイモードに切り替えてもどうやらこっそり通信している模様。
スタンバイから復帰しても艦これは繋がったままの状態になっているのでメンテ後とか外出して通信が切れた時以外はそれほど困らないでしょう。

問題点2
入渠と近代化改装の実行に時間がかかる。
近代化改装はムービーを読むので時間がかかるのは解るんですが、なんで入渠開くのに
時間かかるんだろうね?

問題点3
ダブルクリックでズームが出来るのでFLASH画面を拡大してやるととても見やすくなるが
何故かCPU使用率も高くなるので、外で使う時は諸刃の剣

問題点4
艦これでGoogle ChromeやFirefoxを使用するとバッテリが著しく消耗する。
Google Chromeを使うとCPU使用率が非常に高くバッテリの消費が激しくなります。
CPU使用率平均45%前後、CPUクロックは1.1GHzで推移
IE11を使うとCPU使用率33%、CPUクロック0.89GHz前後で推移
戦闘画面ではさすがにCPU負荷率は高いですがIEは省電力だと謳っていたのが
こんなところで実力を発揮するとは・・・
他のブラウザも何とか対応して欲しいところです。

※追記
艦これがアップデートされて、艦これが軽くなりCPU負荷が若干減りました。
以前よりバッテリ消耗量は減っていると思います。



Windows 8.1の問題点
IEを規定のブラウザに設定しておかないとスタート画面でIE11を使うことが出来ない。
(常時デスクトップモードで起動してしまう)

個人的には寝転がりながら艦これがやれるようになったので満足です。(´∀`)









 

ASUS MeMo PAD FHD10を買ったのでレビューしてみる

こんにちは、PCパーツ系からすっかりタブレット系BLOGに変容している例の場所BLOGですが
皆様いかがお過ごしでしょうか

本日は、ASUS MeMo PAD FHD10をイヤッホゥゥ(購入)したので軽くレビューを行ってみたいと思います。
nexusae0_ASUS-MeMO-Pad-FHD10_3


主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2 (2コア 400MHz)
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
無線LAN 802.11a/b/g/n 5GHz対応
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子

第一印象は

とにかく軽い!! 
本体重量が580gとiPad Retinaの650gより軽いので、非常に持ちやすいです。
専用カバーを付けたMeMo PAD HD7と同じくらいの重量に感じます。
本体の大きさは、縦182.4mm × 横264.6 × 暑さ9.5mmでiPad Retinaに比べると
少しい大きめですが薄く軽いというのが第一印象です。

MeMo Pad HD7と大きさを比較した画像
DSC01258

本体各部の写真
背面
左下にはintel insideのロゴがしかし、写真には写ってません(;・∀・)
DSC01260

上部
背面カメラと電源スイッチ
DSC01263

右側面
ヘッドホン端子と音量ボタンがあります。
DSC01261

左側面
MicroHDMI端子、SDカードスロット、充電用MicroUSB端子があります。
DSC01262
本体に搭載されている各部端子の位置はこちら




MeMoPAD_FHD10

画面の描画と発色
やはり1920x1200の解像度は広い!!アイコンがたくさん並べられます
DSC01268

画面の発色
以下は、サンプル画像を表示したものです。
ちょっと蛍光灯の光がうつりこんでしまってますが、画面自体の発色は非常に綺麗です。
MeMo PAD HD7のように画面が黄色いとかそのような問題はなく非常に綺麗です。
DSC01270

画面描画の滑らかさ
内臓GPUはPowerVR SGX544MP2 400MHz画面を左右にスワイプした際にも
引っかかりとかなく非常にスムーズな動作です。
ブラウザでの画面スクロールやGoogle Mapを表示してピンチアウト、ズームを行っても
とても滑らかです。


音楽再生
内臓スピーカーは、なかなかの音声で安物スピーカーのようなペコペコしたような浮いた音がしません。
音の再現率も高くタブレット付属のスピーカーとは思えない位クリアな音質です。


動画再生能力
フルHD動画再生ですがH264 highプロファイル 24FPS ビットレート12000k(但し可変で最低は4000K)も
コマ落ちなく滑らかに再生できます。まあ、MeMo PAD HD7でできるから当然といえば当然ですが。


動画のストリーム再生
AndroidのWifiが安定しないのは有名でシュタゲのオープニングを再生しましたが
やはりぶつ切り現象は出ます。これは、スペックの問題というよりAndroidの問題だと思われます。
iOSの安定してストリーム動画再生描画できるよう改善して欲しいところです。


PDFの描画速度
これはやはりiOSには全然かなわないですね・・・
従来機種と比べるとちょっとだけ滑らかになっていても
Andoroidの中では比較的PDF描画が早いMoon Reader Proで表示しても
画面解像度が高いせいか描画が若干遅れます。 



付属品
ACアダプタの画像
DSC01265

注意点はACアダプタが5V 2A仕様なので、一般的なコンセントタイプのUSBアダプタでは
出力が足りない場合があります。別途購入する時は5V 2A以上の出力が可能なアダプタを
購入する必要があるでしょう。
充電用USBケーブルの長さは約1mで、ちょっと短いです。

念のため海外のレビューで紹介されていた動画も貼っておきます。
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review



欠点
CPUがAtom (x86) CPUなのでアプリに寄ってはx86版を入手する必要があります。
大体のアプリは対応していますが、アプリによっては正常に動作しないものもあるかもしれません。
私が自分で使用しているものでは、特に動作しないアプリはありませんでした。

電源ボタンを音量ボタンの位置が離れている
縦置きで利用した場合に音量が調整しにくい
何故電源ボタンと音量ボタンの位置を離したのか小一時間ほど問い詰めたい

指紋がつきやすい
フィルムがないと結構汚れが付きます。

充電が遅い
アプリを動作させながら充電させた場合、非常に遅くなります。

総評
価格は、他の10インチタブレットと比較したら高めではありますが、Atom系CPUで非常に軽快な動作を
実現しています。この次のBayTrail CPUが出てきたら、AndroidのCPUはAtomが主流にということも
ありえそうです。

とりあえずAndroidで10インチタブレットがほしい方はSDカードも使えるこれがオススメでしょう!

ASUSからMeMo PAD FHD10が発表

ASUSから10インチタブレットに新機種
MeMo Pad FHD10が発表されました。

主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子


海外で既にレビュー記事が上がっていました
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review

こちらがWifi版なのかLTE版かは解りませんが非常になめらかに動作しています。

こちらは恐らくCOMPUTEXで展示されていたAtom版とLTE版の動作比較動画
Wifi版とLTE版の比較動画にもなると思います。
動画埋め込み出来なかったので以下をクリック
http://youtu.be/v-jkvcT0fpM

動作としてはAtom版のほうが早いように見受けられます。
これでSDXCにでも対応してくれれば即買いだったんだけどな〜(´・ω・`)
 

ASUS MeMo Pad HD7用純正カバーを買ってみた。

本体用のカバーがちょっと欲しくなったのでASUS純正のMeMo Pad HD7用カバーを買ってみたよ!


DSC01244
※写真は開封後に撮り直したのでビニールがちょっとシワよってます。

展開図
本体カバーの部分はプラスチック製
カバーの表面はゴムっぽい質感で、本体に触れる部分は布のような質感です。
DSC01247

取り付け完了
特に苦もなく、さすがに純正だけ合って形のズレもなくピッタリと取り付けできします。
取り外しはそれほど難しくもなく、片側を浮かせる感じに持ち上げれば取り外し出来ます。
DSC01248


しかし、純正には1個大きな落とし穴が!!
写真を見てもらえれば分かる通り、蓋の曲がる部分がSDカードスロットを埋めてしまい。
SDカードカードの抜き差しができなくなります。
SDカードを抜き差しする時は、一旦カバーの左側を外す必要があります。
カードの抜き差しを頻繁にやる人には向いてないかもしれません。
DSC01249


ですが、蓋をあけると自動起動する点などを考慮するととても便利だと思います。
まあ、カード抜き差しもそれほど多くやらないのでとりあえず満足していますです。(・∀・) 

LGの格安27インチ IPS液晶 27EA33V-Bを買ってみた

タイトル通りですが3台目にちょい大きなサブモニタが欲しかったので実売2万ちょいで買える
LGの27インチ液晶モニタである27EA33V-Bを購入しました。
軽くレビューを行なってみたいと思います。
_AA1462_
設定項目は、少なく同じ27インチであるS2740Lと比較して劣っている点として
・操作がボタン操作で微妙に調整しにくい
・アスペクト比固定機能がない
・残像処理調整がない
・色調整が簡易設定(ユーザーカラー設定はある)

画質について
表面はハーフグレア加工されています、ノングレアより若干見やすいです。
いつものごとくFF14のスクショ画像を表示したものをデジカメで撮影したものです。
静止画の画質としては、色の再現数が非公開のため個人的な主観になりますが
S2740Lより色の再現度が高い気がします。
静止画比較2


動画の画質
まどマギオープニング動画を液晶に表示してみます。
S2740Lと比較するとコントラストが高く、色の再現性も高いと思います。
残像補正機能がないのでS2740Lと同じように残像感を感じます。
IMGP13182


ひとつ問題点
HDMI接続を使用している状態で液晶の電源を切るとHDMI接続が失われてしまう。
使わないときにモニタの電源を落とした時にモニタの認識がなくなるので再度ウインドウ
配置などをやらないといけない場合があります。これは非常に不便です。
なお、S2740Lでは、電源を落としてもHDMIの画面接続は失われません。

総評
同じ27インチIPSで液晶であるDELL S2740Lと比較すると色の再現性はS2740Lより良い感じがする。
コントラストが強く細かい所がはっきりと見えすぎる(画面調整でシャープさは調整できる)
ですが、実売2万円前後で買える27インチとしては画質は悪くないです。
安かろう悪かろうという程の画質で無いと思います。


まあ総合的な画質では、やはりREGZA 32ZP2が最強だと思います。(・∀・)もう売ってませんが

LG Electronics Japan 27インチ フルHD(1920×1080)+AH-IPS液晶+LEDバックライト搭載モニター 27EA33V-B
LG Electronics Japan 27インチ フルHD(1920×1080)+AH-IPS液晶+LEDバックライト搭載モニター 27EA33V-B [Personal Computers]
 

ASUSのMeMo Pad HD7が発売されたので早速買ってみた

秋葉原に寄ったら売ってたので思わず衝動買いヾ(´ω`=´ω`)ノ

ASUSの MeMo Pad HD7です。

IMG_0360

レビュー記事はPC WATCHにも掲載されていたのでリンクを貼っておきます。

HotHotレビュー
ASUS「MeMO Pad HD7」〜背面カメラとmicroSDカードスロット搭載の7型Androidタブレット
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20130717_607840.html

以下は個人的な感想です。

本体のサイズ
ほぼ、変わりません。但しNEXUSと比較すると一部端子が逆なので以下に比較画像を記載しておきます。
NEXUS7と比較した際の端子の位置は以下のとおり
NEXUSvsMeMoPadHD7


USB充電端子が本体上に来たことでUSB充電しながら使うという方法がちょっとやりにくくなっています。
まあ、でも画面回転させればそんなに重要じゃないかもしれません。


・液晶の画質
PCWATCHに書かれてましたがNEXUS 7と比較すると僅かに画面が黄色っぽい
但しこれは両方持ってないと解りにくいくらいのレベルじゃないかと思います


・操作感
PCWATCHでも書かれてましたが、ホーム画面で左右に画面をスワイプした時の動作が
NEXUS7と比較する少し動作がもっさりとしています。
但し、他の画面スクロールや描画に関しては大きな速度の違いは見受けられません。


・タッチパネルの反応速度
タッチパネルの反応は、NEXUS7と比較すると物凄く僅かな遅延(と言ってもほぼ誤差程度)が
感じられますが反応が悪いというわけではないので問題ありません。


・動画の再生能力
試しに、中二病でも恋したい!のH264 (1920x1080アプコン 24fps 4000Kbps High Profile)動画を
MX動画プレイヤーで再生してみました。
特に引っかかりもなくスムーズに再生出来ます。

・Wifiでの動画ストリーム再生安定度
Home ServerにあるSTEINS;GATE(1920x1080 24fps 4000Kbps H.264)で作成したオープニング動画を
MX動画プレイヤー+ARM7コーデックで再生してパフォーマンスを見てみる
なぜ、この動画かというとシュタゲのOP動画は半端じゃなく情報量が多くてMpeg、H.264の動画で
使われている表示の変更点だけを書き換えるというのが追いつかないからです。
Nexus7では、かなりぶつ切りにで動画再生されるのと比較してMeMo Pad HD7は、数界の停止だけで
動画ストリームが再生出来ます。この点はMeMo Pad HD7の方が優れているかもしれません


・スピーカーの音声
微妙にNEXUS7より音質がいい気がします。
但し、内臓スピーカーなのでそれほど音質がいいというわけではありません。


バッテリーの充電時間
NEXUS7と同じでUSB充電なのでフル充電までには結構時間がかかります。


・内臓ソフトウェア
ASUS独自のソフトウェアが多数内蔵されています。
その中でとても便利だと思った機能は、以下の2つ

アプリバックアップ
クラウドストレージ(2GB)にAndroidアプリケーションをバックアップしてくれるソフトウェアです。
ソフトウェアの状態もバックアップするようで、ゲームソフトウェアをセーブした状態で保存したり
ロールバックしたいときなどに便利かもしれません。

App Locker
これはかなり便利!!アプリケーションにパスワードロックが掛けられるソフトウェア
最初にロックするアプリケーションとパスワードを設定して有効、無効でロックが掛けられます
他人に見せる際に、アプリロックをかけて開かせないように出来るのでとても安心。


総評
両機種共に比較すると価格差とスペックは同等
但し、MeMO Pad HD7はSDカードスロットが付いている点で内蔵ストレージの容量を
気にしなくていいという利点があります。

両機種で悩んでいる方は、MeMo Pad HD7を購入するのをオススメします。(・∀・)
他に気づいた点があれば随時更新していきます。

以上、簡単なレビューでした。


ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16
ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 [Personal Computers]

ヨドバシで特価だったので・・・

AcerのタブレットPCであるW700Dを

IMG_0315

iyahou1
衝動買いしました。

レビューに関しては、W700Dは既に発売された時期も経過しており様々なサイトでレビューされているので
あまり細かくは記載しません。

とりあえずざっと見たところの長所
・添付のBluetoothキーボードがコンパクトだけど非常に良く出来ている
IMG_0318
キータッチも僅かにあり、ペラペラのキーボードではない。

・フルHDのIPD液晶が綺麗
・画面回転、ロックボタンが上面に有り縦横操作しやすい

欠点
・拡張コネクタがUSB3.0 1ポートしかない(SDカードスロットも無い)
・添付のBluetoothキーボードはUSB充電のためキーボードを充電すると他のUSB機器が繋げない
・3Dゲームやると本体がかなり熱くなり更に冷却ファンの音が気になる
・ACアダプタがでかい
・タッチパネルの設定を行うとモダンUIのチャームなどが呼び出せなくなる(Windowsのバグ?)

そしてもう一つ気になる点
まずは、Windows 8とタッチパネルの操作感
Windows 8はタッチパネルで本気だすとか言ってたのでタッチパネルの操作感を試してみました。
まず、モダンUIをタッチパネルで使ってみた限りでは
マウスよりは格段に使いやすい。

んで、他のタブレット端末と比較した際の操作感は
はっきり言ってやりづらい。

モダンUIはまだマシですがデスクトップモードなどは殆どタッチパネルにチューニングしていないせいか、
フルHDの解像度だとボタンが非常に押しにくい、クリックの選択しにくい等面倒なことだらけ。

そして次に
特に面倒なのがモダンUIでのアプリ終了方法

iPad等のiOS端末
ホームボタン2回押しで機動アプリ一覧を出して、そこでバツマークを押して消す。(解りやすい)

Andoroid 4.0以降の端末 
画面下にあるアプリ一覧表示ボタンでアプリを表示して右にさっとフリックする(解りやすい)

WIndows 8
アプリのホーム画面で画面上からタッチパネルを下にスライドさせてそのまま画面を長押ししたままにして、更に画面を押したまま 下にフリックする。
やりにくい上に失敗する、面倒くさい
ごめんなさい、慣れたら簡単でした。ヽ(;´Д`)ノ

そしてデフォルトIMEのタッチパネルキーボードのキー配列がダメすぎる。
これがMSデフォルトのキー配列
12
記号や数値を入力するのにわざわざ左下の&123キーを押して切り替えないと行けない

代わりに入れたGoogle日本語入力のキー配列
11
一般的なキーボード配列で圧倒的に使いやすい。
Google日本語入力を入れましょう、

まあ、WIndows 8を貶すとまた信者の面倒くさい攻撃が始まるのでこれくらいで勘弁してあげよう (゚∀゚)

 と簡単に書いてみましたが拡張ポートがUSB3.0 1つしかない意外ではカスタマイズを重ねれば
概ね使い勝手はそれほどまでに悪くはありません。

次のWindows Blueではこのへんの問題点が全部改善されることを期待
 

来るべき夏に向けてCPUクーラーを簡易水冷にしてみた

最近BLOGが停滞していた訳ですが

FF11の新しいディスクが発売されて
それに
夢中になっていたとかでは決してないです。(゜д゜)
 
ハイ、すいません・・・・


ところで来るべき夏に向けてCPUクーラーを簡易水冷にしてみた。
今回購入したのはこちら
h60_01_000
CORSAIR CWCH60
従来使っていた風神鍛と較べて温度を比較すると

CWCH60

大体10℃前後温度が下がりました!!


しかし問題なのは騒音

ラジエータに取り付ける付属のファンがとても煩い
1000rpm前後で動かしても結構騒音がします。
なので、風神たんのファンを取り付けて交換したら静かになりました。
静音にこだわる人は付属ファンを使わないで別の12cm PWMファンを用意したほうがよさそうです。

そして次に水流とポンプの音
使い始めは、水流を安定させるためなのかかなりうるさいです。 
これは時間とともに静かになっていきます。
使い始めて数日間はポンプの音が気になるでしょうがそのうち静かになってきます。 

 これから夏に向けて水冷を考えてる方はぜひご参考に

Amazonに掲載されたシムシティのなりきりレビューが秀逸すぎる

ゲームが発売されサーバーにつながらない、データ消えたなどの
トラブルが多発し現在半炎上状態のシムシティですがそんな中、

Amazonで発売されているシムシティダウンロード版の

市長への嘆願書

というレビューがかなり的を突いたレビューで高評価を得ています。
シムシティをプレイした人が見たら思わずニヤリするようなレビューです。
この文章を考えた人はなかなか文才がある人だなあと思いました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00A3NQB9I/ 

シムシティ好きな人は是非読んでみてください。 (・∀・)つ


実は私のレビューもこっそり掲載されてます。わかるかなっ!? 
過去記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

BLOG主 プロフィール

みーちゃ


  • ライブドアブログ