例の場所BLOG

とりあえず日々の戯言やIT関係のいろんな事を書きます

Windows

【PC】 Windows Server 2012 R2 で、intel 82579V (LM) LANを使用する方法のメモ

ASUS の Intel LAN チップ搭載マザーに、Windows Server 2012 R2 を入れて評価しようとしたら
NICを認識してくれない
どうやら、 intel 82579V(LM) は Windows Server 2012 R2 をサポートしていないらしく普通の方法ではドライバをインストール出来ないらしい。

とりあえず、以下海外の方にあった解決方法のメモ (自己責任でお願いします)
1. intel から該当のLANドライバ PROWinx64.exe をダウンロードしてくる

2. WinRARやEXPLZHでファイルを解凍する。 

3. 解凍したフォルダからPRO1000 → Winx64 → NDIS64フォルダを開く

4. e1c64x64.infファイルをメモ帳で開く (失敗した時のためにコピーとっておくのも吉)

5. ControlFlagsにある、3行を削除

[ControlFlags]
ExcludeFromSelect = \ 
    PCI\VEN_8086&DEV_1502,\ 
    PCI\VEN_8086&DEV_1503

修正後
[ControlFlags]


6. すぐ下の [intel] の項目にある、Intel.NTamd64.6.3.1 の下4行をコピー

[Intel.NTamd64.6.3.1]
; DisplayName                   Section              DeviceID
; -----------                   -------              --------
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1502
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00008086
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00011179
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00021179
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00008086
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00011179
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00021179

7. その下にある 同じく 6.3の所に コピーした4行を貼り付け
 
[Intel.NTamd64.6.3]
; DisplayName                   Section        DeviceID
; -----------                   -------        --------
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502,       PCI\VEN_8086&DEV_1502
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00008086
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00011179
%E1502NC.DeviceDesc%            = E1502,       PCI\VEN_8086&DEV_1502&SUBSYS_00021179 
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00008086
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00011179
%E1503NC.DeviceDesc%            = E1503.6.3.1,       PCI\VEN_8086&DEV_1503&SUBSYS_00021179

8. ファイルを保存する

9. PowerShellを管理者で立ち上げてテストモードを有効にする
以下のコマンドを実行する
bcdedit -set loadoptions DISABLE_INTEGRITY_CHECKS

bcdedit -set TESTSIGNING ON

10. サーバー再起動

11. 再起動したらデバイスマネージャから認識されていないイーサネットアダプタを選び
ドライバ更新、さっきのフォルダの場所を指定してインストールする
署名云々が表示されますがキニシナイ!

12. インストール終了したらPowershellでテストモードをオフにする(管理者でね!)
bcdedit -set loadoptions DISABLE_INTEGRITY_CHECKS
bcdedit -set TESTSIGNING ON 

以上で終わりです! 

【PC】 Windows 8.1から追加された記憶域プールの移行トラブル

久々にPC系BLOGとして役に立ちそうな情報が出来たので記載しておきます。

Windows 8.1からディスク管理の機能である記憶域プールという機能が搭載されています。 
複数のハードディスクを組み合わせて、一つの記憶域プールディスクとして扱う機能です。

簡単にぶっちゃけると沢山のHDDを一つにしてRAIDみたいな機能も付いてるよ!ってな奴です

機能としては以下のような設定があります
・シンプル(複数ドライブに分散してデータ書き込み、耐障害性なし)
・ミラー(複数ドライブにデータを書き込み、耐障害性あり)
・パリティ(複数ドライブにデータとエラー補正のパリティデータを書き込み、耐障害性あり)

これは、従来からあったダイナミックディスクに変えてからRAIDにするというやり方より簡単に作成できます。

さて、ここからが本題です。
実は別のPC (Windows 10)で作成した記憶域プールを別のPC (同じWindows 10)に移し替えて使用しようと考えたわけですがディスクの移行も認識も正常にできているのに以下のエラーメッセージが表示されました。

記憶域プール 認識されない構成 リセットしてください

な、なんだってーー!!Σ(゚Д゚)

実際にリセットは試しませんでしたが、恐らくリセットすると中のデータが吹っ飛ぶ可能性が考えられたので拒否しました。

しかし、元のPCに戻すと正常に認識するのです。

Why!? なぜなんだー!? 
最初は作成した時はintel 内蔵SATAポートで作ったものを、内蔵SATA+SATAボードと別コントローラーを跨いでいたので認識できないのかと思い全部内蔵SATAに接続してやってみました。
しかし、エラー自体は変わらず。

原因が解らず四苦八苦して全部投げ出してWorld of TANKSで。大洗ガルパン戦車を入手するための
経験値稼ぎに没頭していた時にふと思いつきました。

そういえば、記憶域プールを作成した、Windows 10 PCは新規インストールしたもの
対して、移し替えたPCはWindows 7からアップデートしたもの

もしかして、BIOSとUEFI問題・・・?
ということで、移行先のPCに余っていたintel SSDをUEFIモードでWindows 10のインストールを実施。

答えは正解でした

どうやら記憶域プールは、UEFIモードで作成したものをOSのものをBIOSのシステムに
持っていくのは不可能のようです。
元がUEFIのOSで作成されたものは、同じUEFIのOSでしか認識しないようです。
GPTディスクの絡みかもしれませんが今後同様のトラブルにあった人のお役に立てればと思い
記事を書きました。

というか今日一日潰れたよ(´Д⊂グスン
 

【Win10】Windows 10に変えたらここを変えるんだ!【スリープから勝手に復帰】

まずはコントロールパネルを開くじゃろ

 win10_ 1

そしたらセキュリティとメンテナンスを開くのじゃ

 
次にメンテナンス設定の変更を選ぶ
 win10_ 2

そして最後に自動メンテナンスのチェックを外してOKだ!
 win10_ 3

デバイスマネージャーでネットワークアダプタのWOL関係もDisable(無効)に
しておくのも忘れずに

win10_ 4


以上、深夜3時にスリープから突然PCが起動してきて困っていたBLOG主からの
ご案内でした。

【マインクラフト】 Windows 10版Minecraft Betaをプレイしてみた&買った人の入手方法

とりあえず軽くですがプレイしてみた感想

まず、大前提なのですが
Windows10 32bit版では恐らく動作しません。

それは動作サポートCPUがx64プロセッサになっているからです。
Minecraft_win10_4


まずは、プレイ
ワールド生成してみると作成がめちゃくちゃ早い!!


Java版と比べると雲泥の差でうちはSSDに入れてますがほぼ一瞬でワールドが生成されます。
名称未設定 2

次にワールドの描画が非常に滑らか!!

 Mine_win10_02

Java版にあったような移動中に描画処理で引っかかったりすることもなく、遠景もスムーズに描画されてとても軽快にプレイできます。

いいコト尽くめのようですが一つ問題が・・・
どうやら通常ワールドでは高さが地上から64までに制限されているようで雲の上を越えて建物を作ることが出来ません。

ここまでしか作れない
Mine_win10_03

まあ、この辺はベータなのでそのうち改善されるかもしれませんが 


以下、既にPC版Minecraftを購入してた人の無料入手方法(Microsoftアカウントが必須です)
まずは、mojangアカウントのページに行きます。

もしMinecraftアカウントでMojangアカウントに移行してない人はmojangアカウントに移行する必要があります。

https://account.mojang.com/migrate

ここでは以前使用していたMinectraftアカウントのIDとパスワード
そして関連付けるメールアドレス、生年月日(日、月、生れた年)を入力して届いたメールを
照合すれば完了です。

その次はMy Accountのページから

 Minecraft_win10_01
Minecraft:Windows 10 Edition Betaの下にあるClaim your free copyのボタンを押します。

押すとマイクロソフトアカウントのページに飛びますので、アカウント情報を入力。
Minecraft_win10_02


最後にギフトコードが自動で入力されるのでアカウントに紐付けます。
Minecraft_win10_3

あとはMinecraft Windows 10 betaをWindows Storeからダウンロードして、Minecraftを起動した後
Minecraftを入手する!というボタンを押してXBOXアカウント(Microsoftアカウントでログインすれば)
入手完了です

【PC】 たまには面白ネタでも(Windows App Store)

Windows 8から追加されたWindows App StoreですがMicrosoftが審査してるので
怪しいアプリはあまりないかと思ってましたが、たまたま今日見つけてしまいました。

公式のYoutubeアプリがないことをいいことにやりたい放題


 まずはYour TUBE(D3ops)
yourtube1
それっぽいアプリですが実はYoutube検索窓が出てくるだけの粗悪有料アプリで、既に騙された人が何人かいるようです。


そして極めつけは説明とレビュー内容

最高のビデオ、インターネット上のあなたチューブ、毎日の運動、Vimeo のようなお気に入りの web サイトから収集、.任意のビデオを検索、再生リスト、お気に入りの検索ビデオを構築、それらを見る。
最高のコンパイル怖いジェット コースターの乗り物、クレイジー ウィング ジャンプ、車がクラッシュする、クレイジー動物クリップ、道路の怒り壮大な勝利のコンパイル、いたずら、音楽、スポーツ、有名人、滝、ハーレムを振るとより: 笑うものを見つける !

最高のコンパイル壮大な勝利のコンパイル!・・・どんだけコンパイル好きなんだ
怖いジェットコースタの乗り物、・・・まあこれは解る
道路の怒り 道路の怒りって何よ!!島と大地の怒りなら!知ってるけど
ハーレムを振るとより: 笑うものを見つける !・・・もう言葉にすらなってません


そして★5レビューの殆どがサクラで自作自演
★5のレビュー文一部抜粋
此のページわ面白いので観たいので何度もアクセス出来るようにして下さい (日本語おかしい、どこのJKですか)
楽しいアプリです!見たい映像をすぐに見られるのは楽しいですよね。ほとんど毎日遊んでます。(検索窓しか出ないアプリでしかも遊んでます?)
そこそこです。スマホの操作感に慣れているので初めはしっくりきませんでしたが、慣れるとこんなもんでしょうか。まずまず気に入っています。(別ゲームのレビューからのコピペ?)


次に同じくD3opsのRock Videos
rockvideo2
これも同類の詐欺アプリのようです。
同じ会社だけあって説明文がまた笑わせてくれます。

あなたの好きなバンドや歌手のすべてのビデオを見つけます。

クラシック ロック、パンク ・ ロック、グランジ、インディーズ、金属、ハードロック、クリスチャン ・ ロック、ガレージ ロック... からビデオ クリップを見て、それらをお気に入りの一覧に追加します。

金属って…(多分へヴィメタ?)

そして次にアーティスト紹介が入るのですが一部カオス
耳を傾け、ビートルズ、ローリング ・ ストーンズ、ツェッペリン、、ACDC、ドア、エアロスミス、U2、クイーン、クリーム、グレイトフルデッド、ニルヴァーナ、ビーチ ・ ボーイズ、メタリカ、ヴァンヘイレンは Guns N はら、キンクス、パール ・ ジャム、音楽ビデオの時間を見るモトリー クルー旅、および大いに多く !

耳を傾け・・・
誰って誰よ!
ヴァンヘイレンはGuns Nはら ヴァン・ヘイレンはGuns Nはらさんだったのか…以外な所で本名?のカミングアウト
音楽ビデオの時間を見るモトリー クルー、モトリークルーは解りますが音楽ビデオの時間を見るって限定的だな!!
旅、および大いに多く !(もはや意味不明)


同じくD3opsから第三弾 Fun Video
funvideo

説明
最高の面白いビデオを今見る。

検索、無数のビデオ、あなたのお気に入りに保存それらをあなたの友人や家族と共有します。

面白いビデオ、ng 集、猫の動画、子犬動画、スポーツ事故、アウトテイク、面白い削除シーン手に負えない笑い忘れられた行... 大声で笑ってあなたの一日を過ごすことができます。

時間と本当の楽しみの時間をお楽しみください !
まあ、説明文が少ないのであまり深く突っ込みません。


最後にWin Tube
wintube2
これも同類アプリのようで無料なだけまだマシですが広告が入るようです。

説明
WinTubeは、Windows上でYouTubeのための#1のアプリです!見て、お気に入りのYouTubeの動画をダウンロードしてください!

あなたはログインしてYouTubeのアカウントを管理することができます!動画上の速度と投票は、あなたのオンラインの時計の歴史やプレイリストにアクセスし、あなたの時計以降お気に入りリストに動画を追加します。 WinTubeは最高ですしました!

WinTubeさえ、ピン、および検索を共有することができます。これで、Windowsのための最高のYouTubeアプリをダウンロード!

機能
  • 見て、YouTubeの動画や音楽をダウンロードする
  • すべてを検索
  • コメントやビデオに投票
  • アクセスYouTubeアカウント
  • スナップさモード
  • 背景オーディオ
  • ピンの動画やプレイリスト
  • 友達と共有アイテム
最初の#1の存在感(何を意味してるんだ・・・)
WinTubeは最高ですしました! ・・・ですしお寿司
最後のスナップさモード
がツッコミどころですね。

とりあえず他にも面白そうなの見つけたらまた追記します。ヽ(´ー`)ノ

【PC】 Windows 10 Technical Preview(テクニカルプレビュー)を触ってみた

Windows 10 テクニカルプレビューがダウンロード可能になったのでダウンロードして
Hyper-Vの下にインストールしてみました。

現時点では、日本語版は提供されず英語、中国語、ポルトガル語しか用意されていないようです。

新しくなったスタートメニュー
windows10_01
スタートメニューに、Windows8で追加されたモダンアプリメニューが追加され、Windows8のように
アプリ間でUIを移動するといった面倒な手間がなくなりました。
なお、旧スタートメニューアプリはAll Apps配下にインストールされます。
もちろんライブタイルの場所によく使用するアプリを登録してそちらから呼び出すことも可能です


現時点でインストールされているInternet Explorerはバージョン11
windows10_02


現時点でインストールされているDirectXは11
windows10_03
まあ、仕様が最終確定していないので当然でしょうが・・・


Windows Media Playerも12のままです。
Media PlayerはDXVA対応した後は、殆ど更新されていません。
もうバージョンアップしないかもしれないですねえ
windows10_06


64bit版をインストールしてみましたがデフォルトでの使用メモリは約1.3GB
以前に比べると使用メモリが格段に減っています。
windows10_04


タスクマネージャーで起動プロセスを確認した所
windows10_05
デスクトップウィンドウマネージャーは健在のようで、以前の情報ではタブレット版では
デスクトップ描画が使えなくなると一部で言われていましたが、タブレットでもデスクトップアプリは
使えるようなので画面描画に関してはWindows 7から変わらずDWM.exeで管理されるようです。


タスクバーにあるTask viewを押すと現在起動しているアプリが見れます。
windows10_07
下に表示されているAdd a desktop(デスクトップの追加)ボタンを押すと仮想スクリーンが追加され
 起動しているアプリの上で右クリックするとアプリを別のデスクトップへと移動することが出来ます。
これは結構便利です。

と、この仮想デスクトップでバグらしきものを見つけてしまった・・・

別の仮想デスクトップ上でアプリを開いたまま、仮想スクリーンを閉じてしまうとアプリが元に戻せなくなります。
一旦、アプリを終了して仮想デスクトップを追加→アプリを移動してもとに戻すという非常に使い勝手の悪い
方法を使用しないと戻らないようです。
他の仮想スクリーンアプリでは、仮想スクリーンを閉じるとメインデスクトップにアプリが復帰するので
ここは改善して欲しいところですね。


・その他の問題点として気になっている点
コントロールパネルとPC設定が相も変わらず混在している。
これはWindows 8でUIを分けた弊害でしかないのですが、どちらかに機能を統一して欲しい所
スタートメニューにPC設定が追加されていますがコントロールパネルからも呼び出せるように改良してほしいところ
windows10_08
やっつけだけどコンパネからもPC設定呼び出せるようにしてくれれば管理者とかも解りやすいと思うんだけど


ここまで触ってみたところ、システムの作り自体はWindows 8を元に細かな改良を加えて使い勝手を向上したと言ったほうがいいでしょうか

基本UIはデスクトップ前提なのでWindows 7ユーザーが移行してきてもそれほど気にならない程度に
使えるのではないでしょうか。

また触っていて気になった点があれば追記します。 


※Media Centerは廃止かなあ 

【PC】 MicrosoftがWindows 10を発表

ENGADGETがMicrosoftの次期OS「スレッショルド」について速報を発表しています。

ENGADGET
速報:次のウィンドウズは『Windows 10』、マイクロソフトがプレビュー公開。2015年リリース

新しいOSの名称はWindows 10に決まったようです。9をすっ飛ばしていきなり10になりました。

Windows 10の従来の製品との違いについて現時点で解っていること

・マウスとキーボードが検出された場合、標準でデスクトップ起動になる
・Windows 7まで搭載されていた既存のスタートメニューの復活、モダンアプリもスタートメニューから起動が可能
・Windows 8からのモダンアプリがウインドウ表示に対応
・モダンアプリは画面4分割での表示に対応
・マルチデスクトップ表示(仮想デスクトップ)機能に対応、LINUXのように仮想画面を追加して表示領域を増やしたり簡単に切り替えができる
・DirectX 12に対応(これはWindows 7まで対応可能と言われている)

その他の新機能については追って発表していくとのことです。
まだ必要スペックや細かな改良点等、明らかにはなっていませんが明日から開発者向けにバグや
動作確認などを見つけるプレビュープログラムに参加が可能となります。

うちも仮想マシンにインストールして試してみようかと思ってます。ヽ(´ー`)ノ

気になるのはDirectX 12が気になりますかね
まだ、対応ドライバもアプリも出てはいませんがDirectX 12は新機能の追加というより
従来のAPIを見なおしして、アプリの高速化を実現するようになる機能です。

FF14とかも対応すれば、グラフィックスがより低いスペックのPCでの動作が可能になるかもしれません。

そして来年リリース予定ですが次期、Windowsのアップデート価格は3000円ではないかと言われています。
(多分、Windows8までのユーザーでWindows7は別料金?) 

メインPCのOSをWindows 8(8.1)に変更しました

Windows 7を使い続けてはや数年、最近システムが若干不安定になったり、Chromeアプリケーションがクラッシュ(主に艦これ)等が続き、そろそろシステムの入れなおしを考えていた所

昔買って塩漬けになっていた、WIndows 8にアップグレードしてみようと思ったが吉日

しかし、その道程は決して楽ではありませんでした・・・・

まず、アップグレードを実行するとintelのUSB3.0とLANドライバが対応してないので
削除しろと言われアンインストール後再起動。

その後、アップグレードを試みるも29%前後でアップデートに失敗しましたのダイアログが出て
全然先に進めない 

理由が不明なのでとりあえず、アプリケーションの追加と削除にあるドライバ関連を削除
ASUSのAIRLINE Suiteも削除

しかし、状況変わらず・・・(;一_一)

とりあえずダウンロードしていたMSのアップグレードアシスタンツを実行
互換性のないアプリケーションと共に、ひとつ気になる文章が・・・

このシステムはUEFIに対応していない云々の注意項目を発見
もしかしてと思い、再起動してBIOSに入ってBOOT項目を見るとBOOT MODEがWindows UEFIに設定されていた!
これをOther OS(Legacyモード)に変更してもう一度アップグレードを実行した所、すんなりとアップデートが進み
Windows 8へのアップデートが完了しました。

しかし、この後にまたもうひとつの試練が待ち構えていた!!

 続きはWEBで!!

東芝から8インチで199.99ドルのWindowsタブレットが登場

PC WATCHより
Toshiba、199.99ドルからのWindowsタブレット「Encore 2」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140528_650531.html?ref=rss

詳細スペックが記載されていないため、液晶がどのタイプか解りませんが

公式ページに記載されているスペックは
intel Atom クアッドコア(恐らくBay trail)
液晶 解像度1280x800
内蔵ストレージが64GB eMMC SSD
802.11n Wifi
10時間バッテリ駆動(ビデオ再生時は8時間)
背面に5Mカメラ 
MicroHDMIコネクタ
SDXC 128GB対応スロット
Office365 personalの1年間サブスクリプション

同じく10型で269ドルのタブレットも発表されています。

国内でこれと同じ価格で発売されれば非常に低価格なので人気が出ると思われますが
価格が非常に安いのでもしかするとTN液晶搭載かもしれません。

国内での発表を待ちましょう

Windows 8.1 UPDATEが配信開始 (Windows XPのサポート終了も同日)

本日より、Windows 8.1 UPDATE1が配信開始されました。

早速アップデートした所、スタートメニューは旧Windowsタイプへの変更はなく既存のスタート画面のままでした。
予告してあった、クラシックタイプのスタートメニューは今回のアップデートでは含まれていないようです。 

まずは、幾つかの変更点
・起動画面がいきなりデスクトップになるようになった。 (タプレット端末は異なる)

・モダンアプリに最小化、✕でアプリが簡単に閉じれるようになった。
画面はクラウディア Live2Dの画面ですが、右上に最小化ボタンと閉じるボタンが追加されたのが解ります。
これは、便利になった改善点です。
クラウディア

・デスクトップとモダンアプリが画面分割で同時表示できるようになった。
但し、画面分割した後はモダンアプリを終了してもサイズが元に戻らないので若干不便

以下、画面分割のようす。
クラウディア2

・従来ではモダンアプリを終了した場合、スタート画面に戻っていたが今回からデスクトップに戻るようになった。

・タスクバーにモダンアプリをピン留めできるようになった。 

 とりあえず、簡単な所でこんな感じです。
やっとこさ、従来型Windowsに近くなってきた感じですが、まだまだClassic Shellは手放せないようです。

ちなみに本日でWindows XPのサポートが終了しました。
これからはセキュリティホールが塞がれないので、インターネットに接続しているだけで色々な脅威に
曝されることになります。

OS乗っ取りや他人の踏み台にされたり、個人情報が駄々漏れになったりと危険性は計り知れません。
早めに新しいOSに乗り換えましょう。 
過去記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

BLOG主 プロフィール

みーちゃ


  • ライブドアブログ