例の場所BLOG

とりあえず日々の戯言やIT関係のいろんな事を書きます

Windows7

Windows 8をWindows 7と同じように使う方法

何だかんだ言いながら、ダウンロード版のアップグレード版が3300円と
格安だったので余っているノートパソコンにWindows 8 Proをインストールしてみました。

しかし、やはりメトロUIが使いにくいので何とかする方法がないかと思い探してみたら
便利なフリーソフトが公開されました。

Windows8にスタートボタンを付ける「Classic Shell 4.0」
http://www.classicshell.net/

元はオープンソースで開発されていたClassic shellというソフトです。
現在は日本語化にも対応しています。
こちらを追加してWindows8 をWindows7と同じようなスタイルで使用出来るソフトウェアです。

ソフトウェアをダウンロードしてインストールするとWindows 8のデスクトップ画面左下に貝型の
スタートボタンが追加されます。
desktop
 
なお、スタートボタンのメニュー形式はクラシック スタイル、XPタイプ、Vista/7タイプと
3種類から選ぶことができます。
metro_skip2
 
なお、このソフトをインストールしただけでは、デスクトップ画面にスタートメニューが追加されるだけで
Metro UIが消えるわけではありません。
しかし、このソフトの真価は、設定機能にあります。

貝型スタートメニューを右クリックして設定を選ぶクラシックスタートメニューの設定を開きます。
下にある設定を「基本設定」から「フル設定」に変更します。

そうすると非表示になっていた幾つかのメニューが表示されます。
その中にあるWindows8設定からメトロスクリーンをスキップにチェックを入れると
起動時からデスクトップ画面が表示されるようになります。
metro_skip
 更に カーソルを左上に持って行くとアクティブコーナーメニューが表示されますが、これもAllにすることで無効にすることができます。 

ここまでで、ほぼ従来のデスクトップ画面と同様に使用することができます。

更に追加でWindows8には起動時にスタートスクリーンが表示され何かキーを押さないと立ち上がらないように
なっていますがローカルグループポリシーエディターを変更することで表示させないようにすることが可能です。

スタートボタンからファイル名を指定して実行「gpedit.msc」と入力して表示させます。
「管理用テンプレート」→「コントロールパネル」→「個人設定」からロック画面を表示しないをダブルクリックして
これを有効にして適用を押すとスタートスクリーンを表示させないように出来ます。

lock画面
 なお、無印のWindows 8ではこの方法が使えないので、その場合レジストリエディタを使う必要があります。

レジストリを変更して表示しないようにするには同じくファイル名を指定して実行から
「regedit」 と入力して
HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Policies→Microsoft→Windows→Personalizationを開きます。
(Personalizationがない場合には新規で作成します。)
ここで右クリックして新規→ DWORD値と選択して新しいキーをNoLockScreenという名前にします。
その後にそれを開き値を0から1に変更することで、スタートスクリーンを表示させないように出来ます。

これで、初期からWindows 8のPCを導入してもWindows7ライクで使用できるようになると思います。
お試しあれ !!

WHS2011をWindows7のかわりに使う設定方法

Windows Home server 2011をWindows7ライクに使用する方法を以下に記載します。

Ascii PLUSの記事にも紹介されているので、まずは以下の設定を有効にします。

半額になった『Windows Home Server2011』をウィンドウズ7として使う!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/052/52323/
上記のサイトでは、Ctrl+Alt+Delログオンの変更方法、IEのセキュリティの変更方法等が記載してあります。

さて、それ以外に不足している点を補っていきましょう。
Windows Aeroを有効にする方法
デスクトップを右クリックして個人設定を選択します。
表示されているテーマからAeroテーマを選択するだけで完了です。
無題
次にServer OSだとウインドウをドラッグして動かすときに画面の内容が表示されません。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムからシステムの詳細設定を選択します。

システムの詳細設定が表示されたら詳細設定タブからパフォーマンスの設定をクリックします。
無題3

パフォーマンスオプションが表示されたらドラッグ中にウィンドウの内容を表示するに
チェックを入れてOKを押します。
無題2

ここまでの設定で、殆どがWindows 7ライクに使うことが可能です。

次にDirectXをインストールしましょう。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=2da43d38-db71-4c1b-bc6a-9b6652cd92a3

ブラウザはFirefoxやChrome等を使うとIEの煩わしさがないので便利です。

その他
Google日本語入力は問題なくインストールできました。

サイドバーガジェットを利用する方法
http://www.win2008r2workstation.com/win2008r2/sidebar
こちらのページからWindows sidebar.zipをダウンロードして、解凍したフォルダの
中にあるinstall.batを実行するだけです。(但しサイドバーメニューは英語表記になります。)


 一番の問題はセキュリティ対策ソフトです。
市販されているウィルス対策ソフトは対応していません。
それは何故かと言うとデスクトップ向けとサーバー向けではラインナップが違うからです。
唯一対応しているのがAVG AntivirusとESET NOD32です。
(ウィルスバスターやノートンは高価なサーバー向けのソフトを購入する必要があります)

いろいろ書きましたが約5千円程度の値差ならば、こんな面倒くさい事やらずに
素直にWindows 7を購入する方が安全です。 (゚∀゚)

Windows 7 SP1 結合ディスクを作成する

Windows 7のサービスパック1がリリースされて新規インストール後にサービスパックを
インストールするのは時間もかかり非常に面倒くさいので元から結合する方法がないか探してみました。

今までインストールカスタマイズ用で有名なXP用nlite / Vista用vliteという結合ソフトが
リリースされていましたが別グループがRT7Liteというソフトを作成したようで、そのソフトが
今回SP1の結合に対応したようです。

その本家
ダウンロードページへのURLはこちら
http://www.rt7lite.com/downloads.html

ダウンロードファイルは32bit用。64bit用と別れているので注意
32bit環境で作成するなら x86用、64bit環境で作成するなら64bit用を
利用するようです。

Download RT Se7en Lite - Beta (build 2.6.0) for windows 7, windows Vista x68
Download RT Se7en Lite - Beta (build 2.6.0) for windows 7, windows Vista x64

ダウンロードするとインストールを促されますので、通常通りインストールします。

インストール後に起動します。
ソフトは日本語に一応対応しているようなのでまずは、"Change UI Language"を選びます。
rt7lite01-3
 

そうすると見た目は日本語になります。(但し色々と日本語おかしいけどね!)
次に参照からSelect OS pathにてWindows7のディスクが入ったドライブを選択します。
rt7lite01
 
DVDディスクの内容をコピーするためローカルフォルダーを指定します。
rt7lite01-2

フォルダーを参照します。
rt7lite02
 

ディスクがコピー完了すると結合するOSのエディションを聞かれます。
rt7lite04
下のSlipstream Service Packのチェックボックスを入れてはいを選択します。

service packを持ってない方は以下からダウンロードをして用意してください。


Browseからダウンロードしたサービスパックを選択します。
rt7lite05
ファイルを選択したらStartを実行します。
サービスパックの結合には、SP1をインストールするのと同じ位(30分程度)時間がかかります。


結合が完了したら左側のメニューからタスクを選択します。
一番下のブータブルISOを選択します、そうすると左側メニューの一番下のブータブルISOを
選択します。
rt7lite06


イメージ作成のモードに移ります。
Select modeからイメージの作成を選択します。
Dircet Burn (DVDへの直接焼きこみ)
Create Image (ブータブルISOイメージの作成)
Burn Image (ディスクイメージの焼きこみ)
Erase RW (RWディスクの消去)
USB Bootable(ブータブルUSBの作成)
のモードがあります。

とりあえずイメージを作成したいのでCreate Imageを選択します。
右下にあるISO作成ボタンを押すと、イメージを保存するドライブを聞かれますので保存します。
rt7lite08
 
ちなみにブータブルUSBを作成する時はブータブルUSBで、USBでデバイスを選択して
右下のブータブルを選択します。(イメージ作成は結構時間がかかります。)
rt7lite07
  

以上でサービスパック結合ディスク作成完了!!

Windows 7の動画再生関連の不具合

たまにはPC関連の記事でも

Windows 7をデュアルモニタで利用した際に
セカンダリディスプレイにWindows Media Player12を配置して
動画再生して何度かループすると音と映像のフレームがずれてくる

その他に
Windows Media Centerのテレビをセカンダリディスプレイで視聴するとPCの負荷に応じてTVの再生がカクカクになる。

ちなみにプライマリディスプレイだとこの現象は起きない。

あくまで予想だけどセカンダリ表示関係に不具合が多いかも

Windows7でテレビ見るためにテレビチューナーを買い換えた

テレビ見るためにPT2入れてたわけですが、録画も同時にやると色々と不便でしかもTESTモード時にSAIが使えないという問題を
解決するためにチューナーを買い換えることにしました。

でも普通のチューナーだとオーバーレイを使ってWindows Aeroが切れてしまうので、Aeroが切れないWindows Media Center専用の
テレビチューナーを買うことにしました。

ということでI/O DATAのMedia Center用チューナーを買いました。


I-O DATA Windows Media Center専用
地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャ
PCI Expressx1 GV-MC7/VS



Media Centerは順番どおりに設定していけばそれほど難しい事じゃないので説明は割愛します。

次にMedia Centerテレビはタイムシフト再生用にCドライブに勝手に録画しまくります。
しかし、CドライブがSSDだった場合に恐ろしいくらいの書き込みをして寿命を縮めまくるので録画保存用ドライブを変更する必要があります。

以下の設定方法で変更可能です。
タスク ->設定 -> 録画機能 -> 番組の保存領域設定 ->録画するドライブ -> +ボタンを押して録画するドライブを選択する。

あと、気になった点
MCTVで録画したファイルはドライブの中身を探ってもMedia Center以外からは見えないようになっています。
この編はコピー防止のためセキュリティががちがちです。

PCの構成変えると録画した番組が見えなくなることもあるので注意

あと、バックグラウンドに持っていくと結構コマ落ちしたりします。

デスクトップがジェットにMediaCenterのガジェットがあるので入れておきましょう。録画一覧の所にあるMCEボタンでMedia Centerが立ち上がるので便利です。

PT2の弊害

久しぶりに絵を描く餅ベーションが上がってきたので
CGでも描こうかとペンを取る事になった。


そして、みーちゃの長いCG描きの旅が始まる・・・










THE END





















・・・かかし






という超古いネタを無駄な行数を使って再現してみたわけですが皆様いかがお過ごしでしょうか


こういうネタをやっている場合ではなく
CG書き始めたはいいがSAIが例外的なエラーにより終了しますのメッセージを出しながら落ちまくり。
CG描こうにもまともに、立ち上がらず困ったことに以前使ってたときはまったく問題なかったのになー

・・・

・・・・・

ふとピンとくる


もしかしてと思い、PT2用に設定してたテストモードを解除する

bcdedit.exe -set TESTSIGNING OFF

そして再起動

SAI起動

(; ゚д゚)ハッ!ダジャレ・・・

・・・

SAIが落ちません。

どうやらSAIはテストモードでは使用できないらしい。

これは困った。

うーん、Windows 7でテレビ見たいし、録画もしたい
でも、SAI使えないと困るからどうしようか悩む

現在の選択肢

SAIの強制終了問題があらわれた!

コマンド
・ PT2を別のマシンに移植
・ タブレットとSAIを別のマシンに移植
⇒ 新しいWindows7のPCをIYHする

いや、今月10万近く無駄遣いしておいて3番目は無いだろう
・・・

ということで思案中。イイアイデアあったらプリーズ


※追記
SAIの強制終了問題は、TESTモードが原因ではなく、Wacomタブレットのドライバが原因と言う事が判明しました。

ねんがんのPT2をてにいれたぞ!

pt2


という冗談はおいてといて

DSC001942

あきばお〜で予約してた分が入荷して
やっとこさ手に入れました


とりあえずセットアップで必要な内容
B-CASカードとカードリーダーは必須

アンテナケーブルは地デジはT1に繋ぐ、2個目の地デジを繋ぐならT2
CS/BSはS1/S2を使う

スカパーはまだ加入してないので、アンテナもまだなのでCSは後回し

目的はWindows7 64bit環境で地デジ見ることだったのでまとめサイトなどを見て設定してみる

・・・

・・・・・

・・・・・・


上手に出来ました〜

地デジ2チャンネルが同時に見れるよ!
Windows Aeroが切れないよ!

これで年末年始もばっちりだ!

今週は財布が負のスパイラル

前略
1週間分の日記なので長くなります。

メインPCの使い勝手をよくする為に試行錯誤してやってるうちに
給料日からまだ日も経ってないのに
今月はエライ金額を使ってしまった

まず、事の発端はメインマシンのP45に組み込んでたintel SSD RAID0の片割れがいきなりエラー起こして
データが吹っ飛んだのが始まり。

Windows 7再インストールする必要が出てきたのでどうせなら3画面出力がほしかったので別のGeForce9400(GA-E7AUM-DS2H)+9600GTマシンに全部移植する事にして
P45を引退させようと思ったのが失敗だった。

GA-E7AUM-DS2H側に全て移植して動かし始めたのだけど
、P45と比べると明らかにI/O周りが遅い
nForce系はRAIDが遅いと言うのは周知の事実ですが、今までと比べて
体感で明らかに遅くなったのを感じてしまって
どうしようかと悩む

Q9550とP45はばらして綺麗に掃除して箱に詰めて既にSofmapで売る気満々だったので今更後戻りする訳にもいかず、とりあえず売ってから考えるかと仕事帰りにSofmapに売りに行って秋葉探索

買取強化キャンペーンで総額2万5千ちょいの金額になり、あれCore i5-750が買える金額だな〜とか考えてPCパーツ
ショップエリアをうろついていると、T-ZONEでCore i5とGIGABYTEマザー買うと
4千円引きキャンペーン!!
な、なんだってー!!

マザーとCPUあわせて3万ちょいで買えるではないか・・・でも、メモリも足すと5万行くよな・・・・
でもDDR3はAcerが買い占めちゃって値上がり傾向なんだよなあ
来年後半位まで値上がりそうだし

う〜ん、う〜ん、悩むひたすら悩む


結果



DSC00152-2


買っちゃいましたっ!!(゚∀゚)アヒャヒャ

内訳
Core-i5 750 ¥19、980也
DDR3 2GBx4 ¥17,880也
GA-P55-UD3 ¥10,480也
総額¥48,340也

イヤッッホォォォオオォオウ!衝動買い!!

orz・・

そして買った翌日にGIGABYTEから新マザー発表になってオレ涙目

ギガバイト、USB 3.0/SATA 3.0/USBバスパワー3倍のIntel P55マザー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091104_326358.html

ええい!買ってしまったものはしょうがない!!

よく考えたらUSB3.0やSATA3.0なんかまだ必要ない事に気づいた
まあ、必要になったらボード買えばいいしね

よーし、こうなったらP45とQ9550との性能を体感してみるぜ!!
Windows7のアップグレード版からの新規インストールなのでセットアップがまずめんどい
メインドライブがSSDなので極力書き込みを減らすようにしないといけない
Windows 7を2回インストールとかやると膨大なデータをSSDに書き込んでしまうのでそれはやりたくない。

しょうがないので裏技を使う
RAID使わない人は2の手順からどうぞ(この方法はAHCIでも有効です。)
1.ICHの設定をRAID(AHCI)にしておく
2.適当なHDDを1台繋ぐ
3.RAID(AHCI)が聞いた状態でWindows XPをHDDにインストール(HDDをRAIDにする必要はない)
(※注 nliteを使ってICH8/9/10のRAID(AHCI)ドライバをXPのディスクにあらかじめ結合しておくと楽)
4.XPのセットアップが完了したらSSDをフォーマットしてWINDOWSフォルダを作る
5.HDDはずしてWindows7のセットアップを行う。
6.インストールの際は新規インストールでSSDのパーティションは作り直してください。
(※注 システムで予約された領域がないとWin7は遅くなるらしい)


よーし、セットアップは完了だ!!

見せてもらおうか新コアのLynfieldの性能とやらを!!


・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・
ぶっちゃけあんまり変わらんね

っていうのは冗談で

やはりメモリーコントローラー内臓しただけあってP45+Q9550と比較して全体的にキビキビした動作を見せるね

そう、例えるならば
体感的にマグネットコーティングをしたガンダムくらいの早さくらいにはなってるんじゃないでしょうか(どんな例えだ)

あと、コアクロックの変動率がすごく細かい。CPUパワー使わないときはすぐクロック落とすのでQ9550と比較して消費電力は低いと思います。

あと、CPUがネイティブクアッドコアなのでCPUの使用率がQ9550と比較して各CPUがバラバラに動いてますね。

買って満足かというと概ね満足ですかねえ
また、何か気づいた事があったらレポートします。

Windows 7のファミリーパックはAnytime Upgrade出来ます。

Microsoftから正式な回答が来ました。

Windows 7 ファミリーパックはAnytime アップグレード出来るそうです。
但し、アップグレードライセンスは1台なので、
もし仮に3台のPCをProfessionalやUltimateにアップグレードするなら
その台数分のライセンスが必要になるそうです。

ということで台数大目で使用する方はファミリーパックがお得かもしれません。


一般通販サイトでは既に売り切れ状態ですがマイクロソフトストアでは
まだ購入可能です。


購入はこちらでどうぞ
http://www.microsoftstore.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&cat=100002&swrd=&pid=WIN0000043

Windows 7のファミリーパックはAnytime Upgradeできるのか?(質問中)

Windows 7のファミリーパックは、海外では144ドルで販売されていますが日本は22000円前後と割と高価です。

しかし単体でWindows7のHome Premiumを3本買うよりは安いので、注文しようかなと考えています。

さて、ここからが本題なのですが、Windows VistaからWindowsのグレードアップ可能なAnytime Upgradeと言う
アップグレードオプションが利用できるようになりました。

Windows7でもそれは同様で、Anytime Upgradeを利用してアップグレード費用を支払うことでHome PremiumからProfessionalやUltimateにアップグレードが可能となっています。

そこで疑問
Windows 7のファミリーパックは、Anytime Upgradeできるのか?
なぜ、こんなことを思ったかと言いますと、ファミリーパックはPC3台までインストール可能なのですが、その中はプロダクトキーが1個しか入っていないらしいのです。
Anytime Upgradeは一つのプロダクトキーに対してアップグレードをかけるので、プロダクトキー1個だとPC1台までしかインストールできないかもしくは、アップグレードできないという可能性も否定できないわけです。

ググッてみましたがこの疑問に該当する答えが書いてあるサイトがどこにも見当たりません。

ということで直接疑問をMicrosoftにぶつける事にしました。
現在回答待ち中です。
答えが判明しましたら続報として掲載します。
過去記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

BLOG主 プロフィール

みーちゃ


  • ライブドアブログ